プラスに変換する習慣

Uncategorized

フリントを配布した。

一人の児童が「先生、白紙です。」悲しそうな顔をしている。

私は、にっこり笑って「当たり!!」と楽しそうに言った。

こんなやり取りをいつもやっている。

それでも、他人と違うことや、自分だけの事に異常に敏感な子もいる。

私は、いつも笑って「ラッキー!!」とか「当たり!!」と

プラスの変換で返すようにしている。

毎日の生活は、イレギュラーの連続。

学校や職場、家族における集団生活で、自分の思い通りにすべてが進む日なんてあるのだろうか。

きっとない。思い通りにならないことばかりだ。

それなら、そんなイレギュラーを楽しめれば、

どんなに楽だろう。どんなに豊かになれるだろう。

思考の転換には、訓練が必要だ。

特に環境が大切だろう。

幼少期の時間、どんな環境で育つか。子どもたちには選べない。

家庭がそうであるように、教室も同じだ。

与えられた環境で生きるしかない子どもたち。

そんな子どもたちに身につけたい力。変換力。

まずは家庭から、そして教室にも。

まずは自分から。そして目の前の人へ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました